元アベンジャーのCOJ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

やはりスピードムーブは偉大か

今日は調子がいい!(BBのナルシスト風)

今日は6勝1敗でした。

 

上出来ですね。

 

まだ調整は必要

とはいえ、デッキの中身をもう少し調整しようかなと思っています。

 

投入するカードの筆頭候補は虹色のキャンバスです。

一枚しか持っていませんが、ライズや人身御供の返しに一点とれるのはやはり大きいのではないかと考えています。

 

まあぶっちゃけライズくらったら大抵負けますが。

それはそれとして問題は何を外すかですね。

 

深緑の魔導書か、巫女の護り手かなあ。

深緑の魔導書はもちろんアルラウネを引いてくるために入っているのですが、アルラウネを全部引ききってしまったあとにこれだけが残っているとちょっとつらいんですよね。

 

あと死壊石で墓にある魔導書を引いてしまったり。

 

アルラウネ

アルラウネは基本的に、

・こっちの場が構築できたら相手の反撃を遅らせるために出す。

・相手が珍獣系統だったらソッコー出して動きを阻害する。

・相手のジョーカーがまりねや沙夜だったら、少なくともジョーカーゲージが貯まるターンには出して、増える手札を自由に使わせないようにする。

・相手のデッキによっては手札でお留守番をする。

 

大体こういった役目を持ってますが、基本的に一体出せていれば十分です。

 

なので緑本を使った後に死壊石で緑本を引くと残念な気持ちになります。

 

もちろん人身御供とかで消されることが多いので、第二のアルラウネを準備しておく必要も多々あるのですが。

 

「ここじゃあっ!!」って時に手札にないとそれはそれで困るし、難しいところですね。