読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

偽人身御供

コードオブジョーカーのデッキ コードオブジョーカー

無謀だった

転換装置アルラウネ! 転換装置アルラウネです!

というアイディアが浮かんだのでデッキを組んで全国にいってみました。

転換装置とは

ちなみに転換装置というのはVer1.3で追加されたカードです。

 

一度も使われた記憶がありませんが、ようするにそんなカードです。

 

コストは1CPで、以下の能力を持った無色インターセプトです。

 

【対戦相手のターン開始時、対戦相手のコスト3以下のユニットを一体選ぶ。それを破壊する。対戦相手のCPを+2する。】

ぶっちゃけ、今期4Pがついたカードなのですが、コスト1CPと相手のターンに使えるという点で、アルラウネとの相性が良さそうだと注目していたのです。

 

相手のCPが増えた分もアルラウネで相殺できますし。

 

作ったときは素晴らしいアイディアが浮かんだと思いました。

 

それで何戦か戦ったわけですが、いくつか分かったことがあります。

 

転換装置を使った結果

……アルラウネが場にいない時に使うのは無謀。

 

2CPも相手にプレゼントするとやはりまずいです。こちらから相手に対して劣化聖女の祈りを使ってあげるようなもんです。

 

アルラウネがいない時に使うなよと言われそうですが、新カードは使ってみたくなるものなのです。

 

まあアルラウネがいてもアルラウネの分も含めて相手のCPが+3されるわけですが。

 

少なくとも3枚積みはやりすぎだったと反省しています。

 

もう最後の方では無色インセプであることと相手のターンの開始時に使用タイミングがあることを利用し、まるで人身御供を差しているかのように見せかける高度なプレイをしていましたが、ようするに使う機会がなかったってことですね……。