元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

新verの生放送を見て思ったこと

キュベレーがついに強化!

キュベレーのBPが6000/7000/8000になったこと。

これはゴリデスキュベレーデッキを使っている自分としては、かなり嬉しい調整です。

 

しかし、新カードである天空のアイテールの登場のせいで、ゴリデスキュベレーデッキがアイテールキュベレーデッキになりそうな気がしなくもありません。

以下、天空のアイテールのスペックです。

どんだけ能力ついてる……

 

天空のアイテール

緑ユニット
種族 天使
2CP
BP 3000/4000/5000

【不屈】
■ラッキー☆スター
ユニットがアタックするたび、このユニットの基本BPを+1000する。
■フェイタル☆アロー
あなたの【天使】ユニットに【貫通】を与える。

 


同じ2CPなのに【貫通】しか持ってないゴリデスと酷い差がありますねこれはw

 

なお、生放送の動画で見たところ、■ラッキー☆スターの能力は相手がアタックした際にも発動します。

 

BPが10000を超えるのも夢ではないでしょう。

 

そこまでやるかー、ってくらいの能力つきですね。

 

シミュレート

 

以下、ちょっと試しに自分のデッキでの動きをシミュレーションしてみます。

とりあえず先攻を取った際、ゴリデスの代わりにアイテールを出したと仮定してみましょう。

1ターン目にアイテールをセットして終了。

ここでBPは3000。

後攻のターンで相手が攻撃してこなかったと仮定し、BPは3000のまま。

2ターン目にキュベレーを出してウィルスをセットした後にアタックすることで、アイテールのBPは5000に到達できます(ゴリデスならこの時に6000になります)。

先攻時の2ターン目ならBP5000でもまだ安全圏ですね。

それで次の3ターン目。

ここで殴りにいくと、本人の効果とウィルス効果で7000か……。しかも【不屈】付き。

キュベレーも殴りにいったらさらに+1000!?

うん。

ゴリデス、もういらないデスw

 

 

 

と言いたいところですが、2ターン目に5000までにしか到達できない、というところがゴリデスと大きな差があると感じています。

上記のケースだと、例えば相手が初手でカイムを出していた場合、ゴリデスなら何も伏せずに殴りにいけますが、アイテールだとそうはいきません。

自分のデッキでは、2ターン目に1点取れていたかそうでないかが、かなり大きな差となって後半にのしかかってきます。スピム入ってないですからね(最近はランスロットを入れた形も試していましたが)。

この2ターン目のBP1000の差がどう響くのか……。

 

うん。

こりゃゴリデス外して自分の目で確かめてみるしかないですな!