読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

Ver.1.0系とVer.1.1系のカードが将来的に全国対戦で使えなくなる件について

コードオブジョーカー

重大発表

以下、COJの公式サイトでの発表です。

 

f:id:motoavenger:20151126203452j:plain

c SEGA

 

先日、この記事で「COJにはカードのスタンダード落ちなんてものはありません!」みたいなことを書いたらこれだよ!
(記事は修正しておきました)

 

やはり、いついつまでも毘沙門やジャンプーやハデスやマーヤや珍獣連中や魔法石が幅を利かせている環境は好ましくない、ということでしょうか。
そのことに関しては、多少は理解できます。


特定のデッキにおいて、これらのカードは常に中心にあり、構築に必要な存在でした。
そして同時に数多のエージェントを苦しめる存在でもありました。
新verが訪れても、あるデッキタイプに入る顔ぶれはほとんど変わらない、ということもしょっちゅうありました。
DOBというシステムがありますが、結局4pのカードが入れ替わるだけで、主力を務めるカードがデッキから抜けることも滅多にありませんでした。

 

でも、その見慣れた顔ぶれがついに変わってしまうのかもしれません。
果たしてそれが良いことなのか悪いことなのか。
それは私にはなんとも言えません。
ぶっちゃけジャンプーも毘沙門も出されたら「クソがぁぁぁぁ!」ってなりますが、自分で使うこともありますし、彼らの姿が見れなくなるときっと寂しい……。

 

……。
…………。

 

今ジャンプーダンスが頭の中で再生されて、「やっぱこいつは消えてもいいかな^^」とか考えてしまいました。

 

何が再録されるのか?

今回のSEGAの発表には、かなりの衝撃を受けました。

しかし、気になる記述があります。


「Ver.1.0系&Ver.1.1系」カードの一部は「再録カード(仮)」として今後登場させる予定です。
使用制限実施時に、個々所持されている対象カードと同じ枚数だけ新たなカードとして無料で配布を行う予定です。


この部分です。
やがて来るであろうVer.2.0のことを指しているかどうかは分かりませんが、それらの再録カードの全部、もしくは一部が現在のver1.0の位置につくのではないでしょうか。
無料で手に入るカードの枠ですね。
でないと、無料プレイを謳っているCOJが無料で全国対戦を出来ないことになってしまいます。


それに併せてスターターデッキも大幅に変わることになるでしょう。
ベヒーモスドラゴンがいなくなった代わりにマーヤが入っている、なんてこともあるかもしれません。
(逆にスターターが変更されないと考えて、今のスターターのカードは全部再録される、という見方もできますね)

 

しかし、冒頭で例にあげた毘沙門やらマーヤやらの、常に使われているカードが再録されたら、結局環境はほとんど変わらないことになります。
逆にベヒーモスドラゴンがいなくなっても、上位陣には何も関係ないでしょう。

環境を変えるつもりなら、毘沙門などの削除は避けられないはずです。
その為、今回ジョカのような毘沙門に近い性能のカードを追加したとも考えられますね。

果たして、SEGAは大鉈を振るうのかどうか?

 

どうなることやら

 

いずれにせよ、いわゆる下位互換に近いカードはもう削除の方向に進むでしょうね。


例えば新カードの『戴冠式』にお株を奪われた『ハンティング・アイ』とかですね。完全下位互換ではありませんが。


あとは『強者の風格』とか『パリィ』とか、使いどころが狭すぎるカードとかも候補に入るんじゃないかと。


それと今Verのハンデスカードは相手が選ぶ形になっていますが、ランダムでハンデスするタイプのカードもなくなってしまうかもしれませんね……。

 

……。
…………。


『チェックメイト』は消さないでね?

 

 

 

とにかく今回の件がはっきりするまで、エージェント達は心にモヤモヤしたものを抱えることになる気がします。


告知のタイミングがVerアップ当日だったというのも少し、ね。


新カードの追加で盛り上がるところに水を差されてしまったように思えるので……。