元アベンジャーのCOJ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

【COJ】Ver.2.0(仮)の再録カードが見えてきた! その3

伝説のカイム

f:id:motoavenger:20151223080555j:plain

c SEGA

 

『カイム』。

コードオブジョカーの最初期から存在するカードです。

 

カイムの伝説を語ろう


信じられないことに、彼はかつてBP6000/7000/8000というスペック持ちでした。


無限の魔法石などの有用なトリガーカードが入っているデッキには、必ずといっていいほど彼の姿がありました。


それは新カードが幾度も追加された後も変わりませんでした。

 

しかし、ある時ついにBPが6000/6000/6000に修正されます。


ですが、これでもカイムの使用率が特に下がることはありませんでした。


なぜならその頃は『蝿魔王ベルゼブブ』や『チェインフレイム』が与えてくる5000ダメージに耐えられるかどうかで生存率が大きく変わる時期であり、BPが6000以上あればそこまで大きな問題にはならなかったのです。


しばらくしてから再びエラッタが適用され、ついにBPが5000/5000/5000に修正されました。

 

もう彼は蝿魔王剣に耐えられない体となってしまったのです。


COJブログ界のそこここでカイムの葬式会場が開かれ、どれだけ彼がエージェント達に愛されていたかを知ることができました。


やがて『純情ヴァルゴ』という、条件つきで全盛期のカイムを上回るユニットが追加された際、ついにカイムの姿を完全に見なくなる時が来たと誰もが思ったはずです。


ですが、それでもまだカイムは生きていました。


黄色が主体となるデッキで、彼は必要とされていたのです。

 

そして先日公開されたVer.1.4EX2。
カイムのしぶとさに業を煮やしたのか、ついにSEGAが最後の刺客を送ってきました。

 

「ウチが決める~♪」

f:id:motoavenger:20151214225443j:plain

c SEGA

 

「ウチが決める~♪」のセリフでおなじみの武身ユニット『雷鎚・ミョルニル』です。
彼女はBPは4000しかありませんが、場に出た際にカイムと同じようにトリガーカードを引くことができます。
それに加え、自ターンの開始時にもトリガーを引けるのです。


武身ユニットはその特徴として、同コスト、もしくは1つ上のコストの武身ユニットへと転生する能力を持っていますが、デッキ内の武身ユニットをミョルニルだけにすることで転生先をミョルニルに固定し、毎ターントリガーカードを引くことが可能になります。
明らかにカイムも真っ青の能力です。


デメリットとしてはBPがカイムよりも低い4000であることくらいですが、未だに『蝿魔王ベルゼブブ』が猛威を振るっている現在、4000BPと5000BPにそこまで大きな差はありません。
(リリムが台頭してくると話は別ですが、それでもミョルニルの方が使われるでしょう)
また、最近は『始世姫ジョカ』のせいで場のユニットを3体に保つことが多くなっていますが、BPが4000あれば同時に『破壊少女シヴァ』に対するケアも出来ていることになります。

 

ミョルニルの毎ターントリガーを引ける能力は、マジック・ザ・ギャザリングにおける『土地税』で毎ターン土地を引いてデッキを圧縮する行為に酷似していると言っても言いすぎではないでしょう。
その能力と引き換えに失ったのはBP1000のみ。
これはさすがにカイムのお株を奪ってしまうには十分でした。
カイムの凋落は先日更新されたカードランキングが正直に語っています。
50位→82位

 

 もはや、これ以上の説明は不要ですね?
『カイム』は死んだ。
『雷鎚・ミョルニル』が殺したのです。
来たるVer.2.0(仮)に彼の居場所はありません。
これが私の予想です。