元アベンジャーのCOJ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

ファイナルファンタジーの思い出

 懐かしい思い出

私はいわゆるファミコン世代であり、ファイナルファンタジーは1から7までやったことがあります。

 

ba-shi.hatenablog.com

 

ばーしー (id:ba-shi)さんも記事でおっしゃっていますが、私もエリクサーを使わない派です。

 

さて、ファイナルファンタジーといえば思い出すことがあります……。

これは私がFF6をやっていた時の話です。

 

 

 

 その名はシャドウ

シャドウという忍者っぽいキャラがいました。
いわゆる一匹狼系のキャラだったと記憶しています。


ある日、このシャドウが仲間だった時のこと。
彼と一緒にあるダンジョン(空中の城みたいなものだったかと)を攻略するのですが……。
ボスを倒した後に、敵の罠か何かで時限爆弾が作動してしまい、『あと何分で脱出せよ!』みたいな展開になってしまうのです。


せっかくボスを倒したのにこんなところでゲームオーバーは嫌だぜー、と来た道を急いで戻るのですが……。


そんな折に上記のシャドウが「俺はやり残したことがあるから先に行け。大丈夫だ、俺は自力で脱出するから」みたいなことを喋ってパーティーから離脱してしまいます。


頼りにしているキャラだったのでちょっと困りましたが、それでも私は何とか来る時に乗ってきた飛行船のところまでたどり着きました。

時限爆弾のカウントダウンはもちろん続いています。

 


そして私はとっとと飛行船に乗ってその空中の城を脱出しました。

 


ゲームオーバーは嫌ですから。
またクソ面倒くさいダンジョンをクリアするなんて嫌ですから。


離脱後、もちろんその空中の城みたいなものは爆発四散しました。
木っ端微塵です。


でもシャドウはちゃんと逃げ延びているはずです。


なにしろ一匹狼系ですから。
聖闘士星矢でいうところのフェニックス一輝みたいなキャラですから。


またピンチに陥ったらふらりと現れてくれるに違いありません。

 

 それからしばらくしてのこと


さて。
それからしばらく経ち、私がそんな事件があったことを忘れた頃。


地下迷宮みたいなところの宝箱から一振りの刀を入手しました。
「おお、これは強そうだ!」とさっそく仲間であるカイエンに装備させようとします。
カイエンとはいわゆるサムライであり、日本刀系の武器を装備できます。

 

しかし、カイエンはこの武器を装備できませんでした。
「あれっ? 変だな?」
と思って何度も装備させようとするのですが、やはり装備は出来ません。


おかしいです。
日本語で書かれた刀を装備できるキャラなんて他にいないはず……。

この時、私はようやく気付きました。

 

これはシャドウの武器なんだと。
つまり、本来ならシャドウはこの時期に仲間としてパーティーに加わっているのだと。

 

しかし、私のパーティーにシャドウの姿はありません。
それどころかあの空中の城での事件以来、一度も姿を見ていません。
どこかで道に迷っているのでしょうか。

 

心に引っかかりを覚えながらも私は手に入れた武器をアイテム袋に入れたあと、そのまま冒険を続け……。

結局ラスボスを倒してもシャドウが帰ってくることはありませんでした。


エンディングでも彼の姿が描かれることはありません。
まるでこの世界からシャドウという存在が消えてしまったかのようです。

 

 

 

 

……だって先に行けって言ったじゃないか。
……自力で脱出するって言ったじゃないか。

 

 

 

 

私は今でもずっと彼の帰りを待っています。
ピンチに陥ったらきっとシャドウが助けにきてくれると信じているのです。


だから、あの日手に入れた武器は今でもアイテム袋の中で眠っています。
決して使うことのないエリクサーと共に。