読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

昔プレイしていたMTGのカード買取価格が高くて驚いた

ミニマリスト 生活 中古買取

 マジック・ザ・ギャザリングなどのカードを売りたいなら

最近、やっぱりトレーディングカードを処分しようかとカードの買い取りを行っているサイトを覗いたりしております。

それで気付いたのですが、私がプレイしていた頃のMAGIC The Gathering(マジック・ザ・ギャザリング)のカードの買取値がいつの間にか凄いことになってました!

トレトクでなんと1枚1万円買取のカードが!

こちらはトレトクという、MTGの買取を行っているサイトなのですが……。

MTGカード買取

ここで並んでいる高額買取カードの一覧を見た時はびっくりしました。

まずはこの『ガイアの揺籃の地』というカード!

f:id:motoavenger:20160207172712j:plain

10000円で買取ですよ!
初めて見た時、「マジで!?」と叫んでしまいました!


「ちょちょちょこれたしか俺何枚か持ってるよウルザズサーガのやつだよね!?」

と慌てて所持カードを調べてみた結果、2枚持ってました。

これだけで20000円ですよ!?

たしか昔は1000~2000円くらいでシングル販売されていたカードだったはずなんですが、何があったのでしょう。

むしろ同時期に出ていた『トレイリアのアカデミー』というカードの方がよほどブッ壊れていたという記憶があるのですが。

『ガイアの揺籃の地』も普通に強いカードではありましたけどね。

ものによってはアンコモンも高額買取!

 そしてある意味もっと凄いのがこれです!

f:id:motoavenger:20160207172855j:plain

『不毛の大地』!

4350円と先ほどの『ガイアの揺籃の地』よりは安いですが……。

これアンコモンなんですよね。

(MTGはレア、アンコモン、コモン、の3種類のレアリティがあります。ちなみに『ガイアの揺籃の地』はレアです)

この『不毛の大地』はテンペストブロックという、私がMTGに特に熱中していた時期のカードです。

アンコモンはそれなりに入手しやすかったため、このカードは私も4枚持っています。

実際あの頃はデッキに入れてバリバリ使ってましたからね。

かなりの強カードでしたが、昔は確かせいぜい500円くらいの価値だったかなと。

それでもアンコモンの中では破格の値段だったのですが、今の買取値はまじでイミワカンナイですよ。

しかもよく考えてみると、デッキに入れる為にちゃんと保管していた4枚以外にもまだ『不毛の大地』を持っている可能性がありますね。
アンコモンは基本的にわざわざ分別したりはしなかったのでw

買取値を調べるなら駿河屋が便利です

そしてさまざまグッズの販売・買取を行っている駿河屋。

『駿河屋』

ここでもマジック・ザ・ギャザリングなどのトレーディングカード買取をしてもらうことが可能です。

駿河屋の良いところは、買取を申し込む前にカードの買取価格をひとつひとつサイトで確認できること。

f:id:motoavenger:20161122095842j:plain

トレトクなどと買取値を比較し、高い方に売るということが可能です。

 (品物によっては検索時に買取価格が出ないので見積もりしてもらう必要があります。見積もり時の買取値が不満ならキャンセル可能です)

買取値は常時変動していますのでお気をつけください

しかし、これはとうとう思い出とサヨナラする時が来たのか……。

いやいや、もう少し待てばひょっとするともっと価値が上がるのでは……(ゲス顔)

結局新たな悩みが増えてしまいましたw

実際カードの買取値は常に変化しており、もちろん下がってしまうこともあるのであまり欲をかくと逆に損をしてしまうかもしれませんw

 

改めて見直してみると、私がMTGをプレイしていた頃からもう20年くらい経つんですね。

なにやらルールもいろいろと変わっているようで、そのこともこれらのカードの高騰に関係しているのでしょう。

私と同じように過去にマジックにはまった方は、押入れのカード入れなどにお宝が眠っているかもしれませんね。

『駿河屋』

MTGカード買取