読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

【ゲームアニメグッズ買取】駿河屋というところを利用してみた

中古買取 ミニマリスト 生活

 

以前書いたこの記事内で、ダンボール一つ分の荷物を処分したことについて触れました。

motoavenger.hatenablog.com

実はこの時のものはダンボール丸ごと買取依頼を出していたのですが、その結果が先日返ってきましたので、今回はそれについて書きたいと思います。

利用したのは駿河屋というところです。

『駿河屋』


昔、ファミコンかスーファミのどちらかを買いなおした時に利用したことがあったのですが、買取という形で利用したのは今回が初めてになります。


駿河屋は、ゲームやアニメ関連なら大抵のものは買い取ってくれるようです。
最近はアーケードゲームの基盤の買取も始めています。
この大抵のものを買い取ってくれるというのが、ここに売ることを決めた大きな理由になりました。

どんなものを売りに出したのか

PCソフトが数本。
ビジュアルファンブックや月刊誌などの書籍を40冊ほど。
シングルCDを含めた音楽CDが20枚くらい。
あとは、ポスターとか、ポストカードとか、下敷きとか、いわゆる雑貨ですね。
ほぼ全てがゲーム、もしくはアニメ関連です。
ほとんどが世に出てから10年以上は経っているものでした。


査定にかけた品物の数は184点です。
振り込み手数料を引くと、13519円となりました。

 

f:id:motoavenger:20160224193034j:plain

 

ぶっちゃけ、10000円で売れればラッキー、20000円になったら大ラッキー! くらいの気持ちで依頼しましたので、今回の結果には満足しています。


また、「買取不可になりそうだなあ」というものもいくつか入れていたのですが、幸い全て買い取ってもらうことができたようです。


『かんたん買取』という、多数の品物をまとめて買い取ってもらうやり方で引き取ってもらいましたので、残念ながらどれがどんな値段で売れたか、ということは分かりません。


『あんしん買取』という、前もって査定額を調べるやり方もありますので、高価なものを売りに出す場合はこちらを使ったほうがいいかもしれませんね。

※あんしん買取についてはこちら

motoavenger.hatenablog.com

『かんたん買取』について簡単に説明してみる

私が利用した『かんたん買取』について簡単に説明してみます。

なお、かんたんと書かれていますがぶっちゃけ結構面倒くさゲフンゲフン。

 

まず、品物を入れるダンボールなどの箱を自分で用意しておきましょう。

 

駿河屋トップページの右上にある『お売りください』をクリックします。

f:id:motoavenger:20160224193127j:plain

 


このページにある『かんたん買取お申し込み』をクリック。

f:id:motoavenger:20160224193159j:plain


規約などが出てきますので、読んで納得したら同意して次のページへ。

 

買取ページで住所や電話番号などを記入していきます。ここで入れた情報がアカウントとして登録されます。

 

併せて買取を希望する商品の数を種類別に記入します。

f:id:motoavenger:20160224193529j:plain

 

売りたい物が多いと先に数を数えてダンボールにしまわないといけないので、これが一番面倒だと思います。


買取を申し込む際に作成することになる『買取申込書』の印刷ページから買取申込書を印刷し、署名して印鑑を押します。
(印刷できない場合はA4の紙などに必要事項を記入すればOKです)


身分証明書のコピーをコンビニなどで印刷します。


郵便局に行き、『着払いのゆうパックラベル』を貰ってきます。

(着払いのゆうパックラベルを下さいと伝えればただで貰えます)


着払いとは、荷物を受け取った方が送料を払うということです。
利用者から見ると送料が無料になるわけですね。


なお、『かんたん買取』において着払いで郵送可能になるのは条件があります。
・ゆうパックの着払いで発送している
・買取商品数30点以上である

 

この二つです。
送料を無料にしたいなら、売りたい物の数をある程度揃える必要があります。
(『かんたん買取』フォーム内に「セットで査定した商品は1セットにつき1点とする」という記述があるので、セット物は1つとして考えておいたほうがよさそうです)

 

ダンボールに売りたいアイテムを入れ、隙間は丸めた新聞紙などの緩衝材で埋めます。


買取申込書と身分証明書のコピーを封筒に入れ、それをダンボール内の一番上に入れます。


終わったらダンボールを閉じてガムテープで封をし、『着払いのゆうパックラベル』に駿河屋の住所や自分の住所などの必要事項を書いてダンボールの上に貼り付けます。

 

あとはインターネットや電話で集荷の申し込みをし、自宅に来てもらって荷物を回収してもらえばOKです。
集荷を頼む時の手順も駿河屋のサイトに書かれています。

 

荷物を送ったら、駿河屋から来ている自動返信メール内のリンクから飛べる『荷物発送フォーム』内で、発送した日時と送った荷物の数を送信します。

(これをすると査定と買取の流れが早くなるとのことです)

 


なお、はじめて買い取りを利用した際、駿河屋から住所確認の為の簡易書留が届きます。これをちゃんと家人の誰かが受け取らないと、買取はしてもらえませんのでご注意ください。
(不在の時は不在票が入るとのことで、郵便局に連絡するなり取りに行くなりが必要のようです)

 

ちなみにゆうパックからもお届け通知が配達されるのですが、これを駿河屋の簡易書留と間違えないようにしましょう。

私は間違えそうになりました。

「えっ……これなの……? 違うよね……」みたいな。

これはゆうパックが独自にやっている。荷物を届けたことをお知らせするサービスであり、駿河屋とはおそらく何の関係もありません。

これが配達されたことで安心し、本命である駿河屋からの簡易書留を受け取り損ねることのないように気をつけましょう。

 

荷物が到着後、査定が終わったら結果を載せたメールが届き、自動承諾にしてない場合は『買取承諾フォーム』から承諾することで買取完了。
買取額が銀行に振り込まれる、という流れです。

 

荷物があちらに到着して、実際に金額が振り込まれるまでにかかった日数は十日とちょっとでした。


査定結果に対して自動で承諾するか、確認して承諾するかを選ぶことができるのですが、私は手動承諾を選んでいたので、自動承諾ならもう少し早くなるのかもしれません。

 

以上です。
『かんたん買取』の流れを簡単にまとめてみました。
実際にはもうすこし細かい規定がありますので、興味がある方は駿河屋のサイト内でご確認ください。

『駿河屋』

部屋が片付きつつある

ネットを使って中古の品物を買い取ってもらうことも、自宅に集荷に来てもらうこともはじめての経験だったのですが、思ったよりは楽でした。

最初見た時は手続きの数が多くて面倒だなと感じていたのですが、やってみるとあっさり終わったなと。


大事なのは勢いですね。
売ると決めたら売る、みたいな。

今現在無職なのでずっと家にいることも大きいですが。


無職中こそ、いらないものを処分するチャンスなのかもしれません。
今も現在進行形で部屋にあるものを処分中なので、また何か記事に出来たら書いてみようかと思います。

『駿河屋』

 

※関連記事

motoavenger.hatenablog.com