読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

私は『意識が高い』わけではないのはもちろん、『意識高い系』でもなく、『意識低い系』ですらなく、『意識が低い』

 意識とは

私は『意識が低い』。
『意識低い系』ですらない。


いや、むしろ『意識低い系』などと呼ばれるのは腹だたしい。
まさしく業腹である。

 

私は自由なる者 

 

『意識低い系』とはつまり『意識が低い』者に列なる存在ということである。

 

ヴァンパイアにとってのレッサーヴァンパイアである。


ヴァンパイアに対して「貴方はレッサーヴァンパイアですよね」と言ったらヴァンパイアは怒るだろう。


なぜならヴァンパイアは10レベルだがレッサーヴァンパイアは3レベルしかないからだ(ソードワールド脳)。


私は列なる者ではない。


始祖だ。


始祖ジュラだ。

 

 

 


今日も「ナビスコのリッツってご飯だよな。ピザっぽいし」と昼飯代わりに貪りながらネットサーフィンをしていたところだ。


もちろんそれに加えてチョコとポテチとコーラの三種の神器も食した。


ネットサーフィン中に『意識高い系』に関するエントリーを複数見かけ、こうしてキーボードをカタカタしているのである。

 


本来なら就職活動に精を出さねばならぬというのに。
しかもそんな自分自身が嫌いではない。
いや、むしろ愛しているくらいだ。


このままでは駄目になる。
というかもうすでに駄目になっているのだが、その堕落が心地よいのである。


『意識高い系』が太陽を目指すイカロスなら、私は荒野を目指すアザゼルである。
絶望の荒野を永遠にさまよい続けるのだ。

 

 サラリーマンについて


満員電車で死んだ魚の目をするサラリーマンになりたくないと言う人もいるようだが、私は死んだ魚の目をしているサラリーマンにすらなれない。


ぶっちゃけサラリーマンは私にとって羨望の的だ。
好きなだけチョコとポテチとコーラを飲み食いできるからだ。
定期的に給料が入ってくるだけで十分うらやましい。
サラリーマンってええやん?

 

 

日本の後退を嘆く声もあったが、私は日本が後退することより自分自身の生え際の後退の方が気になっているところだ。
日本は熱帯雨林気候になりつつあるというが、私の頭髪はもはやステップ気候である。
そのうち砂漠と化すだろう。
日本が熱帯雨林気候になることになんの問題があるというのか。

 

 


また、アフィリエイターに関する記述も見かけた。
実は私もアフィリエイターを目指したことがあった。


過去の記事でワードプレスでブログをしていたことに触れていたが、そのブログとは別にアフィリエイトサイトを作ろうとしたのである。

 

理由はもちろん楽してお金が一杯稼げると聞いていたからだ。

だが、1日でやめた。


書きたい記事が思いつかなかったからである。
やらなければならないことが膨大だったからである。
サイトの管理が面倒くさく思えたからである。
ソッコーでやる気を無くしたのである。


エックスサーバーに1年分の費用として1万円以上のお金を払ったのにその始末だ。


そんな私に比べるとアフィリエイターはまだ全然立派なほうである。
やっていることの是非はともかく、ひたすらに努力をしていることだけは確かだからだ。

楽してお金儲けなんて不可能なのである。
なんで私がエックスサーバーと契約する前に教えてくれなかったんですか。

 

 

高いところを目指すのは別に間違ってはいない。

しかし『意識高い系』になってはいけない。
『意識が高い』者になるべきだ。


なぜなら『意識高い系』はしょせんレッサーヴァンパイアだからである。
レッサーヴァンパイアはヴァンパイアを越えることは出来ない。


貴方の憧れている存在が右に行くのなら、貴方はその後を追わずに左に行かなければならないのだ。