元アベンジャーのCOJ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

確定申告には控えの用紙も持っていきましょう!

 確定申告

先日、確定申告に行ってきました。
3月15日までなので、税務署は人でごった返していると覚悟していたのですが、思ったほどは混雑しておらず、すぐに自分の番が回ってきました。

 

印刷

私は自分の部屋に印刷機を持っていますので、前の会社から貰っていた源泉徴収票などを用いて自宅で書類作成を済ませていました。

 

 

昔ライトノベルの新人賞作品印刷用に買った印刷機ですが、今でも役に立っています。

 

 

色々なことに使えますし、プリンターはあっても損はありませんよ。

 

 

安いものなら1万以内で買えますし。

 


そして自信満々に印刷した書類を手渡すと、ひとしきり確認された後に、

 

「控え用紙は持ってきてないのか」

 

と聞かれました。


自宅で書類を作成する方には分かっていただけると思いますが、確定申告の書類を印刷すると控えの分も一緒に印刷されるんですよ。


それで、

 

「持ってきてない」

 

と答えると、ちょっと困ったような顔をされました。

 

なんてこったい


あまり詳しい話は聞かなかったのですが、控え用紙を提出しないといけない場合がある。そして提出が必要な場合、税務署の捺印がないと駄目なのだそうです。


ぐえー、控えなんだから家で保管してればいいんだろう、と思って持って来なかったんですよう……。

 

完全に想定外です。


一応確定申告は二回目なんですが、初回の時は国から危機感を煽る書類が届き、慌てて税務署に出向いてあちらで作成したため、パニックしててそんなことは一切覚えてませんでした。

 


調べてみたところ、ローンを利用するとか、奨学金の申請とか、お金に関わることをする際に控えが必要になるケースがあるみたいですね。

 


まだ確定申告に行かれてない方は、念のため控えの用紙も持っていって印鑑を押してもらいましょう。

 


私も次の機会があったら気をつけます。