元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

【副業】WTRPGマスターについてもう少し書いてみる【ライター】

これも副業となりえます 

副業について、ネットでは様々な情報が溢れていますね。
私が副業としてやっている『WTRPG』『PBW』といったコンテンツでのマスター業について、もう少し書いてみようかと思います。

職種としては『シナリオライター』に含まれますね。


マスターの記事はネットでもあまり見かけないので、多分マイナーなのでしょうw
「WTRPGとかPBWとかマスターとかって何ぞ?」という方は、以下のエントリーで簡単に解説していますので、まずはこちらを参照してください。

motoavenger.hatenablog.com

 

 

いくら稼げるのか?

例えばASDAチョコが食べたいなーと思うじゃないですか。

f:id:motoavenger:20160302201935p:plain

それでチョコと一緒にポテチやコーラも欲しくなるわけです。

しかし今月はお菓子代を捻出するのが苦しい。
そういう時に1本シナリオを仕上げるといいんですよ。

 


具体的な金額を書くとちょっとまずいかもしれませんのでぼかしますが。
そうですね……SEIYUドットコムのSEIYU倉庫館で買った品物の送料が無料になる金額を1セイユー円としましょう。

ネットスーパーじゃなくてSEIYU倉庫館の方ですからね?
これを間違えると悲劇のもとですので、お気をつけください。


それで、無事に完成したシナリオを一本納品したとします。


よほどのことが無い限りは、最低でも1セイユー円は稼げるんですよ。


大抵は2セイユー円になります。


やろうと思えば3~5セイユー円も不可能ではありません。
しかし、普通は1~2セイユー円に収まると思ってください。


私は普段2セイユー円前後です。
少なくとも1セイユー円未満になったことはありません。


3~5セイユー円稼ごうと思ったら、文章量を含めていろいろとやる事が増えたりします。


このあたりはゲームの種類によって変わりますので参考程度にお考えください。

 

本業と両立できるか?

過去、週に一本仕上げていたころはひと月で10セイユー円くらいになったことがあります。

 

ちなみにその頃は会社通いと両立させながらやっていました。

これくらいが副業として無理なくやれる範囲かなと思います。


昔、クラウドワークスで5万稼ぐのはどうのこうのという記事を見かけましたが、マスター業務でそれだけの収入を得ようとするのは副業レベルでは難しいです。


平日家に帰ったらすぐに作業を開始し、土日もすべて執筆にあてたら可能かもしれませんが、現実的ではないでしょう。


専業でやるなら普通に可能です。


ただ、いずれにせよお金を稼ぎたいだけなら工場などでバイトするほうが時間効率は圧倒的に上です。


よほど執筆速度が早くない限りは、1本のシナリオに8~10時間はかかりますからね。


8~10時間かけて2セイユー円くらいの収入というわけです。

 

 

マスター業務を行う際のメリットは以下の項目がメインだとお考えください。


・在宅で仕事ができる
・締め切り内ならある程度自分でスケジュール管理できる

・ゲームのルールとプレイヤーの意思に反しなければ、基本的に自分の好きに書くことが可能

 

デメリットもあげてみる

他のライティング業と比べてのデメリットは、そのゲーム世界の知識を最低限覚える必要があることですね。


たとえばWTRPGの一つである『ファナティックブラッド』ではミノタウロスやセイレーンといった生き物がいるのですが、ゲームや伝説でおなじみのこれらの生き物も、知らない人にとっては「なんのこっちゃ」となるので、シナリオを書く前にそういった特殊な用語に関しての知識を得る必要が出てきます。


とはいえ、自分が書きたいところだけを覚えていけばいいので、最初から全ての知識を詰め込む必要はありません。


あとは、自力でシナリオを思いつかないといけないところでしょうか。
10本書こうと思ったら、10本分のイベントを考えないといけないわけです。


さすがに10本のイベントを全て「村の近くの洞窟に住み着いたゴブリンを倒してください」みたいなことにするわけにはいかないのです。


基本的には導入の事件さえ書けば、あとは参加したプレイヤーの反応次第なので、イベントを思いつくかどうかがカギですね。


こればっかりは、創造力が必要になるかと思います。


ただ、シナリオをアレンジして再度使うことは問題ないでしょう。


上記の例で言うと『洞窟からゴブリンを追い払うことに成功したが、ゴブリン達がより強いホブゴブリンを連れてふたたび住み着いてしまった……』みたいな感じですね。


そうしたら洞窟の設定を使いまわせるので労力がいくぶん軽くなるわけです。

 

専業でするには覚悟がいるかと

ぶっちゃけ私も会社勤めが苦手なタイプの人間なので、出来ることなら在宅ワークをメインにしたかった。


ですが、やはり収入面でも正社員なりパートなりの道に戻る必要があると考えています。


以前記事でも書いた気がしますが、こういったライター業で食っていこうという覚悟を持つことができないのです。


覚悟できる人なら、専業でやれるのかもしれませんね。