元アベンジャーのCOJ

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

面接で「この期間は何をされていたのですか?」と聞かれた時の答えを考えてみた

「この期間は何をされていたのですか?」

寒かったので

私寒いのが苦手で冬は部屋から出たくないんですよね。


多分前世はカエルか熊だったんじゃないかと思うんですよ。


でもやっと暖かくなってきたのでこうして御社の門を叩いたわけです。


フレッシュマンですよ。

 

はぐらかす

いいじゃないですか。


私の生い立ちなんて別にどうでも。


今まで送ってきた人生がどうであれ、労働量に差は生まれませんよ。


最低限のことをやって最低限の給与を貰う。それだけです。

 

従順で物言わぬ歯車をお求めなのでしょう?

 

それなら私はぴったりですよ。

 

光輝三国志風に

龍が池の底に身を潜めているのは何のため。時期を待ち、天に昇らんがためであろう。

 

やる気が起きなかった

やる気がないのに仕事をしようとするのは会社に対して失礼にあたります。

 

しかし今ならやる気にあふれています!


私のやる気が溢れている今こそがチャンスです!


さあ、はやく!

 

5月まではもちますよ!

 

答えたくないので強引に給料につられたという答えにもっていく

今回御社の扉を叩いた理由を聞いているということでよろしいですね?

 

金ですよ金。


給料が良くてボーナスもありだから来たんですよ。


まさか「無給でもいいから御社で働かせてください!!」みたいな言葉を期待していたわけじゃないですよね?

 

ラーメン才遊記によるとタダでもいいから働かせてくれというような人は三日で辞めてしまうそうです。


私はお金を受け取ることによって仕事に責任を負おうと考えているわけです。
ほら、私はこんなに誠実じゃないですか。


雇ってくださいよ。

 

正直に答えつつ会社を受けた理由をアピール

ええ、何もしていませんでしたよ。

 

私は夢も希望もないんです。


家でチョコとポテチとコーラを飲み食いしながらネットサーフィンすることだけが生きがいなんです。

 

だから土日が休みの御社を訪れたのです。


土日のために生きているようなものです。


月曜日が訪れると共に死に、土曜日に甦るんです。

 

お金がなくなった

銀行の預金ももう残り少なくてそろそろやばくなってきたんですよ。


だから嫌で嫌で仕方が無かったけど働く決意をしたんです。


そもそもお金があるなら労働なんてする必要はないじゃないですか。


まったく、愚問ですね。


しかし、今のままだとあとひと月も持ちません。


御社に心があるならまさか雇わずに路頭に迷わせたりはしませんよね。


良いお返事待ってますから。


なあに、別に高待遇である必要はありませんよ。

 

退職する前に転職先は見つけておきましょう

さて、実際に無職期間が長いと、

こういう質問が飛んでくる

胃が痛くなる

面接に行きたくない

さらに無職期間が長くなる

 

という負のスパイラルに陥りますので、再就職は早めにしましょう。

 

なお、もし面接で「あなたの特技は何ですか?」と聞かれたら、
「飯を食い、やがて死ぬでしょう」と答えたいです。
おしまい。