元アベンジャーのCOJ

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

イースシリーズの曲は最高なので私のお気に入りを紹介する

イースシリーズ

昔……もう20年以上前のことになりますが、私はTVゲームのイースシリーズをプレイしていました。
といってもPCエンジンCDROMのⅠからⅣまでしかやったことないですけどね。

ムービーが始まったりキャラが喋ったりするのがファミコンをやっていた自分からすると衝撃的でしたよ、本当に。


それだけでも凄かったのですが、PCエンジンのCDROMは、CDラジカセにかけることでそのまま音楽CDとして曲を聴くことができたんですよ。

イースシリーズは良い曲ばかりだったので、ゲームをクリアした後もちょくちょく曲を楽しんでいました。(なお、ゲームデータが入っているトラックを再生してしまうとひどいことになります)

 

今回はイースⅠからⅣまでの曲の中で、特にお気に入りの曲をいくつかピックアップして紹介してみようかと思います。

 

 

イースⅠ・Ⅱ~Ancient Ys Vanised

まずは初代イースⅠから。

ちなみにPCエンジン版はイースのⅠとⅡがセットになっていました。
ⅠをクリアするとそのままⅡが開始されるわけですね。
そのため、ここではⅠとⅡをまとめて書いています。

 

FIRST STEP TOWARDS WARS


Ys I & II PCE - First Step Towards Wars


最初の街から外に飛び出したら流れるフィールドの曲ですね。
やっぱりイースⅠといったらこの曲を思い出してしまいます。
イースⅠは画面上をうろついている敵に体当たりしてダメージを与えるゲームですので、フィールドの曲=戦闘シーンの曲でもあるわけですね。
この曲にのって敵に突撃するのが楽しいんですよ。


ちなみに正面から挑みかかると手痛い反撃を受けますが、半キャラずらしという敵との軸をずらして体当たりするテクニックを使うと戦闘を有利に進めることができます。
調子にのって先に進むと、うかつに正面から接触した瞬間にいきなりこっちが瀕死になるような敵も出てきますがw

RPGは橋を渡ると敵が強くなることが多いですが、イースもまさにそうでした。

 

 

PALACE


Ys I & II PCE - Palace


名前の通り、神殿の曲ですね。
ピチョンピチョンと鳴る水滴音が良い。
もちろん、曲自体も良いですが。

 

 

PALACE OF DESTRUCTION


Ys I & II PCE - Palace of Destruction


神殿の奥の区画に行ったら流れる曲だったかと。
ここにフィーナが捕まっているんですよね。
イースはシリーズごとに可愛い女の子のキャラが登場するのも魅力の一つでしたね。
といってもゲーム中では一緒に行動したりすることはほとんどなく、あまり描写がないので脳内補完するわけですが。


そういえばイースのプレイヤーの間では、フィーナ派とリリア派が派閥争いをしていると聞きました。
当時プレイしていた頃は当然そんなことは知らず、最近になってその事実を知ったのですが……いつの時代もそういう争いは絶えないものなのですね。
悲しいことです。
イースという同じゲームが好きな者同士、○○派とか□□派とかいった枠組みに囚われていがみ合う必要はないと思うのですよ。

 


ちなみに私はフィーナ派です。

 

 

TOWER OF THE SHADOW OF DEATH


Ys I & II PCE - Tower of the Shadow of Death


Ⅰの終盤に訪れることになるダームの塔の曲ですね。
このマップがやたらと広いので、後半はこの曲ばかり聴くことになりますw
ダームの塔は良い意味でも悪い意味でも思い出深い場所になりますよね。

 

 

TO MAKE THE END OF BATTLE


Ys I & II PCE - To Make the End of Battle


イースⅡが始まる時の、オープニングムービーの曲ですね。
イース界隈で有名な、リリアが振り向くシーンがあります。
イースは色々なハードに移植されていますが、このリリアの振り向くシーンの演出やグラフィックが悪いと叩かれるようです。

 

 

RUINS OF MOONDORIA


Ys I & II PCE - Ruins of Moondoria


ここでロダの実が手に入るんでしたっけ。
リリアの病気を治すためのアイテムですよね。
そういえばゲームで手に入るナントカの実って、大抵綺麗で美味しそうに見えますよね。

 

 

ICE RIDGE OF NOLTIA


Ys I & II PCE - Ice Ridge of Noltia


ノルティア氷壁のBGM。
名前のとおり、一面氷の寒そうなフィールドです。

 

PALACE OF SALMON


Ys I & II PCE - Palace of Solomon


サルモン神殿。
ヤケクソに広くてややこしいマップでしたっけ。
まあⅠのダームの塔もクソ高くて面倒くさい場所でしたが……。
昔はプレイしながらマップを自然に覚えてクリアしてましたが、今プレイしたら果たして自力でクリアできるかどうかw

 

 

イースⅢ~WANDERERS FROM Ys

イースシリーズといえば、上から見下した画面のゲームという印象が強いですが、このイースⅢは横スクロールアクションゲームです。
それが理由なのかイースⅢってあまり評判が良くないのですが、私は結構好きでした。
サクサク進むので、すぐクリアできてしまうことも評判が良くない理由の一つなのかもしれませんね。

 

 

翼を持った少年


【PCエンジン】神曲 YsⅢbgm 「翼を持った少年」 イースⅢ【PCE】


戦闘マップに入った際の戦闘フィールドに行く途中の、中継地点で流れる曲ですね。
「さあ、今から冒険だー!」という気分にさせてくれる曲です。
よく先に進まずにそのまま曲を聴いていたりしました。

 

 

イルバーンズの遺跡


【PCエンジン】神曲 YsⅢbgm 「イルバーンズの遺跡」 イースⅢ【PCE】


イースⅢではこの曲が一番好きです!
この曲が流れるとテンションが上がります。
そういえば、鳥の大群が襲ってくるのを上突きするだけでレベルがガンガン上がるのってここでしたっけ?

イースⅢで一番記憶に残ってるのってやっぱりBGMなんですよね。

プレイ中楽しんでいたのは間違いないのですが、どこでどんな出来事があったか、どんなボスと戦ったか。ほとんど思い出せません。

だからⅢは評判があまり良くないのかもしれませんね。肝心のゲーム部分が印象に残っていないということですし。

 

 

灼熱の死闘


【PCエンジン】YsⅢbgm 「灼熱の死闘」 イースⅢ【PCE】


灼熱の溶岩地帯マップですね。
沙羅曼蛇のプロミネンスみたいに火柱がぐわっとあがるんですよね、たしか。

 

 

バレスタイン城


【PCエンジン】神曲 YsⅢbgm 「バレスタイン城」 イースⅢ【PCE】


タイトルの通り、バレスタイン城で流れる曲。
イースⅢの中でおそらく1、2を争う人気曲なのではないかと。
もちろん私も気に入っています。

 

 

最強の敵


【PCエンジン】YsⅢbgm 「最強の敵」 イースⅢ【PCE】


イースⅢのラスボス戦で流れる曲です。
格好良くて曲の時間もかなり長めですが、大抵は曲を最後まで聞き終えることなく終わると思います。

ラスボスに苦戦した記憶もないので……。

 

 

イースⅣ~The Dawn of Ys

f:id:motoavenger:20170530081702j:plain

このイースⅣから、再びトップビューの半キャラずらしで戦うゲームに戻ります。
イースといえばやっぱり半キャラずらしということなのでしょうか。
Ⅴ以降どうなっているかは知りませんが。

Ⅳはご当地ヒロインであるリーザとカーナに加え、リリア、そしてフィーナとレアも登場するので、ヒロインの数がやたらと多いゲームでしたね。
ただ、一人一人の出番がそこまで多くないのがちょっと残念だったかなと。

 

 

フィールド


13 - Field


街を出て最初に聴くことになるイースⅣの通常フィールドの曲。
Ⅰもそうでしたが、やっぱり最初に聴くフィールドの曲は印象に残りやすいですね。

 

 

バトル#58


20 - Battle #58


イースⅣといったらこの曲が一番思い出深いです。

この曲が流れるたびに

「ぶっころしてやるー!!」

というセリフが脳内再生されます。


いわゆる中ボス戦の曲なのですが、上のセリフを喋りながら攻撃してくるガディスという敵キャラのインパクトが強いんですよね。
ラスボスがどんな敵だったのかはもう覚えていませんが、こいつのことだけは良く覚えていますw
PCエンジン版でⅣをプレイされた方には、きっと私の気持ちがわかっていただけるかと思います。

 

 

溶岩地帯~エルディールにくちづけを


21 - Lava Field ~ A Kiss From Eldeel ~


溶岩地帯のフィールド曲。
といってもⅢのように地面からプロミネンスが飛び出してきたりはしませんが。
なぜ『エルディールにくちづけを』なのかは不明。
というか溶岩地帯の曲につける副題ではないようなw

 

 

セルセタの樹海


26 - Celceta, the Sea of Trees


樹海マップ。
樹海って大抵目印になるものが少なくて迷いますが、イースはほとんどのマップで迷うことになるので逆に樹海が簡単に思える不思議。

 

 

燃ゆる剣


28 - Burning Sword


樹海マップの奥、ロダの大樹の村の、さらに樹上のマップの曲ですね。
しっとりとした曲調でつい聞き惚れてしまいます。
まあ敵は通常通り襲い掛かってくるので、いつも通りにガスガスと体当たりをするのですが。

 

 

伝説へ続く道


31 - Walking the Path of Legend


樹海を抜けて橋を渡るところから流れる曲ですね。
「樹海を突破できた!」
という高揚した気分にぴったりなのですが、すぐにガディスによってアドルが橋から落っことされるんですよね。
そこでリーザに出会えるので嬉しいのですが。


もっともこの時のリーザって、谷底に落ちて重傷を負っているアドルにハンカチを巻くだけで立ち去っていくんですよねw
巻き終えたらそのままスタスタと立ち去っていくので「おおい、助けてくれぇぇぇぇ!」とあの時は思いました。

 

 

THEME OF ADORU 1993


44 - Theme of Adol 1993


アドルのテーマは各種ありますが、それの1993年版といったところでしょう。
これもフィールドなどで流れます。
イースⅣはフィールド曲が充実してますね。

 

 

青銅の街区


53 - Bronze District


ラストダンジョンの一つ前くらいのダンジョンとかの曲。
流れる場面はあまりなかった気がしますが、これも心に残る曲ですね。

 

 

太陽の神殿


49 - Temple of the Sun


ラストダンジョンの太陽の神殿とかで流れる曲ですね。
最後の戦いの前に気分を盛り上げてくれます。

 

 

おわりに

以上です。

今回かなり厳選しましたが、他にも良い曲がたくさんありますよ。

 

イースシリーズの曲はさまざまなアレンジアルバムなども売られているようですが、やっぱりPCエンジン版の曲を贔屓してしまいますね。
思い出補正も多分に入ってるのでしょう。


しかしこうして過去を振り返ってみると、他の新しいイースもプレイしてみようかなという気持ちになります。

私がプレイしたことのないⅤ以降も、きっと素晴らしい曲がたくさんあるのでしょうね。

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋