元アベンジャーのCOJ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

『夏色えがおで1,2,Jump!』の「ぴかぴかフェイスあげたい」のところの振り付けが好き

もうすぐ夏ですね

ラブライブ!には『夏色えがおで1,2,Jump!』という曲があります。
この曲はPVDVD付きの曲なため、アニメーションショートフィルムでは曲にあわせて踊るμ'sのメンバーを見ることが出来ます。
『夏色えがおで1,2,Jump!』の歌はもちろんのこと、ダンスも好きですが、そのダンスの中でも特に好きなのがこの「ぴかぴかフェイスあげたい」の歌詞の部分の振り付けなのです。


【ラブライブ】μ's 3rdシングル「夏色えがおで1,2,Jump!」 ショートサイズPV

 (↑のは公式の視聴PVなのでショートバージョンです)


「ぴかぴかフェイスあげたい」と歌いながら女の子たちが左右のほっぺを両手でスリスリするのですが、それが良いのです。
1番だと希がやっているところしか映りませんが、フルバージョンにあるラストあたりの部分だと複数のメンバーが一斉にやっているところを見ることができます。


なぜかこのシーンに心惹かれるのです。
琴線に触れた、とでも言えばよいのでしょうか。


あのぴかぴかフェイスの振り付けを見る為に『夏色えがおで1,2,Jump!』のダンスを見ていると言っても過言ではないでしょう。
うーん、ぴかぴかフェイス~、ぴかぴかフェイス~。

 

 そうそう、『夏色えがおで1,2,Jump!』のPVは水着の女の子達が踊るものになっているため、このPVが好きだというとなぜか冷たい目で見られてしまうことがありますが、それは大いなる誤解というものです。

私は美しいものを見たいだけなのです。


このPVを見てやらしいとか言っちゃう人は、ミロのヴィーナスを見てやらしいとか言っちゃう芸術を解さない人なのでしょう。
やれやれ、文化的教養を身につけている人と会話したいものですね(笑)


彼女達はμ's(ミューズ)なのです。
女神なのです。
時折映るお尻のアップに注目したりしますが、これも芸術的観点でガン見しているのであってべつにやらしい気持ちなんてありません。

 

やはりフルバージョンが良い

もちろん良いのはダンスだけではありません。
曲も聴くだけでも楽しい気分になれる上質な作品です。
2番の歌詞の『どきどきハートうちあげ』とかもうセンスを感じまくりです。


タイトルのように躍動感あるジャンプを含め、夏にぴったりの歌とダンスと言えます。
やっぱり水着姿の女の子はいいものです。
もちろん芸術的観点で。

 

ちなみに、フルバージョンのPVは後半で時間帯が夜になりますが、花火をバックに全員が踊るところとかも最高です。
曲はもちろんのこと、PVもフルバージョンで視聴したほうがいいんですよね。

 

こちらの『夏色えがおで1、2、Jump!(DVD付)』が、シングルCDにDVDが付いているものになります。

このDVDにフルバージョンのアニメーションショートフィルムが収められているわけですね。


なお、今年の8月26日には今までのダンスアニメーションシーンを網羅した【ラブライブ!μ's Live Collection Blu-ray】というものが発売されるようなので、PVにしか興味が無いならこちらを買った方が良いかもしれませんね。


他のダンスシーンとかも視聴できるので、値段的にお得なのではないでしょうか。

 

カラオケでも見れます

こういうグッズを家に置くのは恥ずかしい……でもダンスシーンは見たい! という方はカラオケに行ってジョイサウンドの部屋をとり、『夏色えがおで1,2,Jump!』を入れましょう。
フルバージョンの曲と共にPVが流れますので、それを見ながら「サマーーーーウィィィィィーーーーーーー!!!!!」と歌いましょう。

 もちろん水着で踊りまくるので、そういった画像を見られても大丈夫な文化的教養を身につけている仲間達と一緒に行きましょう。


曲調が途中で特殊な変化を見せたりすることもないので、1番を知ってればフルで歌うことは十分可能なのもポイント高いです。
あと曲中にメンバーのセリフも無いですからね。
ラブライブ!の曲は一部セリフが入るものがありますが、やはりそういった曲は少々難易度が高いです。

本来のPVではセリフのパートがありますが、カラオケでは「サマーーーーウィィィィィーーーーーーー!!!!!」から始まりますのでご安心ください。
不安な方はiTunes store からフルバージョンを購入して予習しておきましょう。

夏色えがおで1,2,Jump!

夏色えがおで1,2,Jump!

  • μ's
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes