元アベンジャーのCOJ

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

快活CLUBで読んだ漫画を紹介&面白いものをおすすめします!

無職とネカフェは相性が良すぎる

最近無職の特権をいかして快活CLUBというコミック&ネットカフェに入り浸る生活をおくっています。

ついついラーメンを注文してしまい、場所代に加えてラーメン代もかかるので出費がつらいです。

無職なのに何をやっているんだという自責の念にかられるのですが、この背徳感が甘美すぎてやめることができません。

せめて記事のネタにしようと、今まで快活クラブで読んだ漫画を紹介しようと思います。

時系列やジャンルとかはバラバラです。

逃げるは恥だが役に立つ

ネット広告で見かけて「ああ、これが今ドラマで流行っているやつか」と認識したのが出会いでした。

幸い近場の快活クラブに入荷されていたので、さっそく訪れて読んでみることに。

ネット広告で見たコマの影響でもっとコメディ色が強いと思っていたのですが(本当に事務的に結婚した感じをイメージしてた)、

f:id:motoavenger:20161123143942j:plain

最初はともかく途中からはちゃんとラブしているマンガなので、読んでいるとむずがゆくなります。

2人の恋の行方が気になり、唐突に始まるモノローグなどの独特な演出も楽しく、気付いたらあっというまに刊行分を読破していました。

面白かったのでこれは私からも自信を持ってオススメできます。

ドラマは見ていませんが、人気なのも頷ける話ですね。

クロサギ

詐欺師を専門に詐欺を行う詐欺師、通称クロサギが世にはびこる詐欺師たちと頭脳戦をするお話。

過去の記事でも書いていた通り途中まで読んでいましたが、先日ついに完結編まで読み終わりました。

クロサギが詐欺師になったきっかけである事件の関連人物を追い詰めていくのもストーリーの主軸でしたが、ちゃんと全てに決着がついた感じの満足いく終わり方でしたね。

ヒロインとくっつくのかくっつかないのかでハラハラしていましたが、それも含めて綺麗に完結したのではないかと。
完結編の名は伊達ではなかった。

さまざまな詐欺師が登場し、いろいろな詐欺の手口についても語られるので、一度読んでおくと詐欺に騙される可能性がちょっとは減るかもしれません。

闇金ウシジマくん

はい。
読後感がワーストクラスの漫画です。

闇金融カウカウファイナンスを営んでいる丑嶋馨(うしじま かおる)が主人公。

お話ごとにスポットライトの当たる人物が違い、問題を抱えるそれらの男女が丑嶋のところを訪れることで物語が進展していきます。

もちろん大抵はラストで酷い目に合います。たまに救いがありそうな終わり方をしますが……。

私から言えるのは、返せる予定もないのに借金するのだけはやめておきましょうということだけですね……。

読んだあと嫌な気持ちになる可能性がありますが、面白い作品なのは確かです。

キングダム

もはや有名すぎる春秋戦国時代を舞台にした漫画。

私はキングダムより先に横山光輝の項羽と劉邦を読破していたので、
「お前がやがてこうなっちまうのかよ!?」
というある意味ネタばれ的な楽しみ方が出来ています。

キングダムのすぐ後の時代が項羽と劉邦なので一部の登場人物がかぶっているのですね。

「キングダムではああいうことを言っていたのに……」
と裏切られた気分になります。

そもそも作者が違うので当然なのですがw

食戟のソーマ

美味いものを食べたら女の子の服が(イメージで)破ける漫画。

飯を食った衝撃で大阪城を破壊するミスター味っ子みたいな感じですね(古いな……)

この漫画のおかげでやはり朝ラーメンは間違っていなかったと確信することができました。

出てくる女の子が魅力的なのもポイント高いです。
特に秘書子が可愛いです。

ラーメン発見伝

美味しんぼをラーメンに特化させた感じの漫画ですが、グルメとしてだけではなく、ラーメン店を経営することに関してもいろいろと触れられているのが特徴。

会社命令だったり、さびれたラーメン店の建て直しのためだったりと、さまざまな理由で美味しいラーメンを模索していきます。

ライバルである芹沢サンとの戦いを経て、主人公が自分のラーメン店を持てるようになるまで成長していく話でもあります。

ラーメンが好きなら読んでおいても損はないのではないかと。

スピンオフ作品のらーめん才遊記が残念ながら店舗に入荷されてないのでそっちは未読ですが、いつか読みたいですね。

王様達のヴァイキング

コミュニケーション等にいろいろと問題を抱えているハッカーが主人公で、世界を相手に戦っていく話です。

そもそもハッキングとかあんまり分からないので、登場人物のやりとり等をメインに読んでいるのですが、それでも十分に楽しめます。

私もプログラムとかを若い頃から勉強しておけば食っていくことができたのかなあ……(遠い目)

敵の一人がなんかハンター×ハンターのヒソカみたいで生理的嫌悪を感じるのですが、Valkyrja(ヴァルキュリヤ)というキャラが美人なので中和できています。

エンゼルバンク

昔途中まで読んでいた作品ですが、いつの間にか完結していたので先日一気に読みました。

30歳過ぎたら利息で暮らせという言葉が最も印象に残っています。

利息で暮らせるようにするというのは、つまりあくせく働かなくても稼いでいけるようなシステムや実績を30歳までに作っておけという意味だと解釈しました。

積み重ねが大事なのです。

私は利息で暮らすことができず、現在苦労しています。

中学~高校生ならドラゴン桜を、現在大学生で就職について悩んでいるなら銀のアンカーを、現在社会人で転職を考えているならこのエンゼルバンクを読みましょう。

漫画ですが、いろいろと参考になる部分が多いです。

個人的にはもっと続いて欲しかったなと思っています。

ちなみに30代転職者は価値ゼロだそうです(泣)

龍狼伝

多少乱暴な表現をすると、三国志を舞台にオリジナルのキャラが俺Tueeeeeeeeeeeする話。

主人公とヒロインは現代から三国時代に時間転移してきました。

今流行りの異世界トリップ系ライトノベルのはしりと言えるかもしれませんね(内容は基本的にシリアスです)。

かなり長く続いており、自分もおそらく20年くらい前から読んでいるのですが見かけるたびに「どこまで読んだっけ?」と首を捻りながら読み返すことが多いです。

正直言って今後どういう方向にいくのかわからないのですが、なんだかんだ言って続きを楽しみにはしています。

ちなみに途中から五虎神(敵側の四天王みたいなもの)の数が合わなくなった気がしますw

くーねるまるた

グルメ漫画……と呼ぶにはちょっと抵抗があります。

外国人の可愛い女の子が自作料理を食っちゃ寝する漫画くらいに思っておいたほうが良いでしょう。

料理の描写より登場人物たちのふれあいを楽しむのがメインです。

基本的に悪人が出てこない漫画なので、ほのぼのとした気持ちになれます。

癒されたい時にはぴったりでしょう。

悪の教典

最初は有能な教師が奮闘していく学園ものかと思いきや……。

教師や生徒の心をコントロールしてのしあがっていく(ほうほう)

邪魔なやつは追放もしくは始末する(なかなか面白いな)

生徒全員を皆殺しにする(なんでだよ!?)

なぜこうなったといわんばかりの展開に凡人である私はただ驚くばかりです。

序盤は結構平穏なのですが、後半は人がガンガン死んでいくホラー物です。

完結していますが、実は最終巻1歩手前までしか読んでいませんw(読んだ時まだ最終巻が入荷されてなかった)

中間管理録トネガワ

賭博黙示録カイジに登場した利根川が主人公のスピンオフ作品です。

中間管理職である利根川の苦労がよく分かる漫画。

基本はコメディーです。

この疾走感あふれる表紙だけでも笑いがこみあげます。

限定ジャンケンが生まれるまでの経緯や土下座強制機が出てくるなど、カイジのネタがちりばめられているので、カイジシリーズは読んでおかないとあまり楽しめないと思います。

邪道

明らかに悪人の主人公がラーメン業界を踏み台にしてのしあがっていこうとするお話。

結構好きだったんですが、4巻であっさりと打ち切りっぽい終わり方をするのであまり勧められないかな……。

土山しげるの漫画なら食キングがオススメです。

おわりに

とりあえずはこれくらいでしょうか。
他にも思い出したら追記するなり新しく記事にしたりするつもりです。

今後快活CULBで読む予定の漫画備忘録(一部は近場の店舗に未入荷)

ReLIFE(昔ネットで途中まで読んだがいつの間にか人気になっていてくやしい)

鋼の錬金術師(実は10巻くらいまでしか読んでない)

宇宙兄弟(20巻あたりまでで止まっている)

クズの本懐(試し読みしか読んでないのでビッチと評判の茜さんの活躍を見たい)

らーめん才遊記(頼む。入荷してくれー)