元アベンジャーのCOJ

元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

このブログにおける流行語大賞を勝手に選んでみた

最近世間では流行語大賞についての話題がホットなようなので、このブログにおける流行語大賞を勝手に選出しました。

一回しか使ってなくても自分の中で気に入っている言い回しは審査員特権でランクインさせています。

それでは紹介します!

バトルホッパーならぬジョブホッパー

バトルホッパージョブホッパーをかけた高度なギャグである。

バトルホッパーとは仮面ライダーBLACKに出てくる主人公の乗物のバイクのこと。

相手の年齢が30後半~40前半くらいでないと通用しない可能性がある。

仮に年齢がそのあたりだとしても番組を見てなかったらもちろん理解してもらえない。

そもそもジョブホッパーという言葉があまり好意的に受け取られないので使うのに痛みを伴う諸刃の剣である。

口に出す際は相応の覚悟が必要。

・使用例
「バトルホッパーならぬジョブホッパーなのですでに気付いているのですが、この世にホワイト企業って存在してませんよね?」

ションボリックエンジェル

しょんぼりしている時に使う。

これだけだと意味が分かってもらえない可能性があるので「しょんぼりである。ションボリックエンジェルである」というような使い方を推奨。

元ネタは劇場版ラブライブ!の挿入歌Angelic Angel(エンジェリックエンジェル)

Angelic Angel

Angelic Angel

  • μ's
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ちなみに歌詞の「Ahー もしもはー」をずっと「青島はー」だと思っていた。

~になって幾星霜

~になってからずいぶん時間が経ったという意味。

このブログでは「無職になって幾星霜」など、ほとんどの場合マイナスの意味で使っている。

幾星霜という言葉自体はもともと存在するが、私にとっての初出はるろうに剣心の刀工・新井赤空が逆刃刀に刻んでいた辞世の句、
「我を斬り 刃鍛えて幾星霜 子に恨まれんとも 孫の世の為」から。

最高に気分がスカッとする

心のモヤモヤが消えて完全に晴れやかな気持ちになった状態を表している。

大抵は悪いことをしたり相手が不愉快になっているであろうことをした時に使う

・使用例
「ダイエット中にチョコとポテチとコーラをむさぼると最高に気分がスカッとする」
「(シャドウバースで)悪あがきの乙姫をテミスで返したときは最高に気分がスカッとする」

シャドウバース (Shadowverse)
シャドウバース (Shadowverse)
開発元:Cygames, Inc.
無料
posted with アプリーチ

(真顔)

真剣であるということをあらわす時に文章の最後に付ける形で使う。

ネタっぽい発言に使われることが多いが本人はいたって真面目なのかもしれない。

クソがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

魂の絶叫。

リアルでは月のはじめに発せられることが多い

なぜならブロガーの収益報告がよく行われているからだ。

三種の神器

チョコとポテチとコーラのこと。

f:id:motoavenger:20161206170342p:plain

これにペパリッジファームのサウサリートが加わると四種の神器になる

死んだ魚のような目

死んだ魚のような目のこと。

アニメとかだと瞳にハイライトが描かれていない状態。

疲れきっている状態だとこのような目になってしまう。

ある界隈では満員電車に乗っているサラリーマンの目を指すらしいが、私のように無職で引きこもっている人間もこういう目をしていることを忘れてはならない。

約束された収入の権

就職して収入が安定する権利を手に入れること。

Fateシリーズに登場する『約束された勝利の剣』が元ネタ。

ちなみにFateシリーズのことはよく知らない。

替え玉理論

ラーメンは替え玉をすればするほど一杯あたりの単価が安くなってお得だという私が提唱した理論のこと。

さまざまなものに応用が可能。

例えばはてなブログproにするとブログが10個使えるので、ブログを複数運営すればするほどブログ1個あたりの使用料が安くなる

これもまた替え玉理論によって生まれたお得な情報なのである。

一緒に滅茶苦茶にしようじゃないか……!

元ネタはフロムソフトウェアのゲーム『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』に登場する『財団』……を元ネタとして生まれたMAD動画『アーマードコアライブ!』の登場人物『ほの財団』のセリフから。

とりあえず滅茶苦茶にしたい時に使う。

・使用例
「サラリーマンだろうがなんだろうが一緒に滅茶苦茶にしようじゃないか……!」

ヘンタイ

ある記事を投稿して以降、このブログがなぜか『ヘンタイ』で検索上位に入ってしまうようになったので、一時期それを元にした記事がこのブログでよく書かれていた。

ちなみに該当の記事がヘンタイなだけであって私はヘンタイではない(真顔)

おわりに

以上です。

使ってみたいフレーズはありましたか?

世間でもこれから流行るのではないかと思います。

流行に遅れないためにあなたも今日から使ってみましょう。

きっと人気者になれること間違いなしです。