元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

クーポン券は罠である

 

ラーメン屋で会計を済ました際に替え玉無料のクーポン券を貰うことがちょくちょくあるのですが、後日になって財布に入ったままのクーポン券を目にすると、

「このクーポン券を消費しなくては……」

という思考になってしまい、行く必要もないのについついラーメン屋に行ったりしてしまいます。

特に使用期限が短いものだと店をおとずれる間隔も早くなってしまいがちに。

外食した時と家で食べた時の差

私はいつもラーメンに追加でチャーハンや唐揚げを頼む上に替え玉も注文するので、一回の食事代が1300円くらいかかります。

その中の替え玉に対してもらったクーポン券を使い、100円浮いたとしたら、使ったお金が1300円から1200円になってお得な気がします。

でも肝心なことは、わざわざ外食して1200円を消費したという事実です。

よほどのことがない限りは外に食べにいくより家で食事を済ませるほうが安くなるはずです。全然お得じゃないのです。

実際、私は家でごはんを作るときはパスタやうどんやそばで済ますことが多いので、一食あたりかかっている費用はせいぜい200円程度です。

ということはラーメン屋に行く場合と比べて1000円も差があるわけで、どれだけ浪費しているかがよくわかるというものです。

クーポン券を受け取らない勇気!

それに冷静に考えると、店側が損になるようなことを店がやるわけないんですよね。なにかしらの得があるからやっている。

店が得をしているということは私が損をしていると言い換えることができます。

つまりクーポン券は罠。海老で鯛を釣るようなもの。

もちろん釣られる鯛とは私のことです。

差し出されたクーポン券に「NO!」を突き付ける勇気を身につけたいと思います。

あとクーポン券を持ち歩かないことで財布もすっきりするというメリットもありますね。

食べたいものを食べるのが良いのです

もちろん「たまには贅沢して外食でもするかー」という日があっても良いでしょう。

実際私も最近は無職のせいかストレスがたまっていて「肉食いてえぇぇぇ!!」という気分になることがよくあるので、ちょくちょくハンバーガーを食べに行ったりしています。

でも「クーポン券が余ってるから」という理由で外食に行くのはお金を無駄にしているといっても過言ではありません。

『食べたいから行く』は〇ですが、『クーポン券を使いたいから行く』は×ということですね。

財布に入っているクーポン券に惑わされず、自分が真に食べたいものを欲する内なる心の声に耳を澄ますべきなのです。