元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

よく皿やグラスを落として割っていたけどこの方法で改善しました

昔、私はよく皿やグラスを落として割っていました。

でもあることに気をつけるようになってからは、その回数が見違えるように減りました。

今では滅多に物を落とすことはありません。

今回は物を落とさなくなったいくつかの方法について記事にしてみます。

テーブルや台などの端に皿やグラスを置かない

まずテーブルの端っこに皿やグラスを置くのをやめましょう。

たとえ一時的に置く場合でもです。

大抵、意識をよそに取られている時に腕などが当たって落下してしまうのです。

これをやめるだけで、物を落とす確率はグッと減ります。

実際、私もこのことを心がけるだけで皿やグラスを落っことすことがほぼなくなりました。

コップなどは下部をちゃんと手で包むように持つ

簡単なことですが、ちゃんと手で包むように物を持ちましょう。

物の形状にもよりますが、コップなどは下部をしっかりと掴んで安定させましょう。

横着して指だけでつまむとかすると、いつかミスって物を落とす時が必ずきます。

私の場合、家ではお茶を入れるために蓋付の小さな水筒を使っているのですが、昔、これを持ち運ぶ時に蓋の部分だけを三本指で持つという行為をよくやってしまっていました。

胴体部分はよく結露していて触ると手が濡れるのが嫌なのでこうやってしまうのですが、もちろんこんな持ち方は安定しません。

もし蓋が外れたりすると、水筒は落ちるわ中身は零れるわで酷いことになるのが目に見えています。

さらに、冷蔵庫から出すときにドアなどにぶつけてその拍子で落としてしまったりもします。

コップも水筒も、ちゃんとしっかり持つことを意識しましょう。

一度に運べるからといって無理はしない

自分のキャパシティー以上の食器を一度に運ぶことはやめましょう。

私は食べ終えた食器は重ねて持ち運んだりせず、何回か往復して洗い場に持っていきます。

ご飯茶碗、味噌汁用の容器、皿が二枚とかだったら、まずご飯茶碗と味噌汁の器を運び、その後に戻ってきて皿二枚を運ぶ、といった感じです。

その場合も重ねたりせず、右手と左手に一つずつ持ちます。

このやり方に変えてから、お皿を割ることはなくなりました。

面倒に思われるかもしれませんが、実際は大した手間ではありません。

お皿を割って掃除機をかける時の憂鬱さに比べれば、これくらいの手間なんて安いものです。

それに食器を重ねると上に載せた箸がよく転がって落ちるんですよね。

箸が落ちた時のイライラが無くなるだけでも大きいですよ。

やり方を変えるだけで落とさなくなった

以上です。

私は結構ドジな方なので、今までよく物を落としていました。

でも上記のように意識してやり方を変えるだけで、あっさりと克服することができたのです。

皿やグラスなどを落とすことが多い方は、上で書いたようなことを実践するだけできっと大きな変化がありますよ。

ぜひお試しください。