元アベンジャーのCOJ

チョコとポテチとコーラが好き。

ブログの連続更新が途切れるのは緊張の糸が切れるのと同じ

ここ最近、私にしては珍しくブログの連続更新が続いています。

昨日の記事で18日連続なので、今回の記事で19日めということになります。

頑張って100日連続更新を達成したことがある。けれど……

以前私も記事を毎日更新することを頑張っていた頃がありました。

こちらはかつて連続更新がもうすぐで100日になりそうだ、という時期に書いた記事です。

motoavenger.hatenablog.com

その後、無事に100記事を連続更新するところまでは行ったのですが、それから間もなく毎日の更新をやめてしまいました。

やめた理由は、連続更新することが主目的になりつつあったからです。

更新するという目的のためだけに、気がのらない記事を書いて気が乗らないアップロードをするのがとてもつまらないことだなと思ったので、すっぱりとやめてみました。

連続更新をやめたあと、再び同じように頑張るのは難しかった

やめた時はすっきりとしましたが、多少の喪失感もありました。緊張の糸が切れた感じですかね。

数日後、普通に記事を書くことを再開はしましたが、それ以降は特に連続更新にこだわることはなくなりました。

なにしろ記録がリセットされてしまったわけですからまた最初からですし、もう一度それを越えようという気持ちも起きなかったのです。

今思うと、記事を書き続けていた時はやはり少し無理をしていたのかもしれません。

ちなみに100日更新を続けて何か得るものがあったかというと、特にはなかったような気がします。

文章を書き続けて経験値みたいなものは蓄積されたかもしれませんが、それくらいです。

ひょっとすると私が気付いていないだけで、他にもなにかすごいものを得ている可能性もありますが。

何事も継続することは大事

毎日記事をあげることをしなくなってしまった私ですが、物事を継続することは大事だと思っています。

例えばこちらの記事のように、私はダイエットをしていた時期がありました。

motoavenger.hatenablog.com

ダイエットの一環としてウォーキングも行っていましたが、毎日行っていたわけではありません。寒い日や雨の日や疲れがひどい時などはちゃんと休んでいました。

でもトータルで考えると継続して行ったことになり、結果的に3年で20キロくらい痩せることができました。

継続しなかったらもちろん未だに80キロオーバーの体重だったはずです。

これだけでも継続の大切さが分かります。

今でも体重については常に意識しており、ウォーキングやフィットボクシングを定期的に行っています。もはやダイエットというよりは習慣に近いですね。

暴飲暴食が趣味なので、気を抜くとまた戻ってしまいますから。

記録が長く続くほど、失った時のショックが大きくなる

連続で何かを行う期間が長ければ長いほど、やめた時の反動が大きくなります。

ダイエットも急激にやせた後に、結局リバウンドしてしまうという失敗例をよく耳にしますよね。

切れた緊張の糸もいつかは元通りにつなぐことができますが、張り詰めた期間が長いと、くっつくまでの時間も長くかかってしまうのだと思います。

ブログとはつかず離れずの距離感が大事なのかもしれない

それを考えるとブログの投稿も毎日更新という形ではなく、会社の5勤2休みたいな感じで週のうちに決まった回数をあげるというやり方のほうが良いのかな、と最近考えるようになりました。

ここ最近は書きたいことがあるので続いていますが、結果的に連続更新という形になってしまい、それに火がついて書きたいことが特になくても再び連続更新にこだわってしまいそうなのが、なんだか嫌なのです。

実際、近ごろはちょっと無理に記事を書こうとしているな、と感じています。

もしそれがひどくなる気配があったら、その時は勇気をもって一旦筆を置こうかなと思っています。

そういう付き合い方なら途中で止めてしまった場合の大きな反動もなく、結果的に長くブログを続けられるかもしれませんから。